さくらのVPS:PHPバージョンアップ 5.4→7.2

さくらのVPS にLaravel を入れるため、PHP をバージョンアップしました。

CentOS7 標準のPHP は、バージョン5.4 ですが、それだとLaravel が動かないので、バージョンアップしました。

 

PHPバージョンアップで、何か上手くいかないときに、参考にしてください。

 

基本、ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第四回「phpとMariaDBをインストールしよう」に沿って実行したのですが、

エラー:依存性の欠如がでました。

 

 

エラー:依存性の欠如

上記コマンドで、下記エラーがでました。

  • epel-release = 7 は、remi-release-7.5.2.e17.remi.noach に必要とされています。

 

何を言っているのか、分からないので、とりあえず、

エラー内容そのままをGoogle 検索すると、色々な記事がヒットしました。

それらを参考にして、実行した手順を記述します。

 

 

準備

確認と準備です。1~3行目が確認で、4行目が準備です。

  • 1行目:CentOSのバージョン確認 → CentOS Linux release 7.5.1804(core)
  • 2行目:サーバーバージョン確認 → Apach/2.4.6(CentOS)
  • 3行目:PHPファイル確認 → php.x86_64, ・・・, php-pdo.x86_64(7ファイル)
  • 4行目:PHPファイル削除

 

 

remiリポジトリ追加

 

 

リポジトリファイル確認

  • remi-php72.repo 等があることを確認

 

 

php72 インストール

 

 

php72確認

  • PHP7.2.12 とかがでればOKです

 

 

 

参考

  1. ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第四回「phpとMariaDBをインストールしよう」
  2. CentOS7のウェブサーバーにphp7.2を導入する。phpの入門にも最適な環境の構築

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。