オプション取引(Kindle Unlimited)

オプションとは、ある資産を、契約で決めた期日に、決めた価格で取引する権利のことです。

この「取引の権利」を売買するのが、オプション取引です。

オプション取引は、資産や商品などから派生した商品(金融派生商品)の一種です。

(出典)wikipedia「オプション取引」、「デリバティブ」

オプション取引の具体例

登場人物

  • A:航空会社
  • B:投資家

現在、ジェット燃料1バレルの価格が50ドルとした場合、

オプション「ジェット燃料1バレルを、1年後、50ドルで購入する権利」を、A航空会社とB投資家で売買したとします。

(注)1バレルは約159リットル

 

オプション

  • ジェット燃料1バレルを、1年後、50ドルで購入する権利

この権利をABから、5ドルで買いました。

オプション取引

  • 「ジェット燃料1バレルを、1年後、50ドルで購入する権利」を5ドルで売買

1年後

(1)ジェット燃料の価格が、1バレル50ドルより上がっていた場合

  Aはオプションを行使し、BAにジェット燃料を1バレル50ドルで引き渡します。

(2)ジェット燃料の価格が、1バレル50ドルより下がっていた場合

  Aはオプションを放棄します。

  そして、安い(50ドルより下)ジェット燃料を、別途、購入します。

ジェット燃料高騰への保険

A航空会社は5ドルのオプションを買うことで、1年後にジェット燃料が高騰していても、ジェット燃料を安く買うことができます。

すなわち、5ドルでジェット燃料高騰への保険を買ったことになります。

一方、B投資家は、その保険の受け手となり、保険料を手に入れることができます。

 

オプション学習のすすめ

現在、あらゆる金融商品(株、株価指数、通貨、債券、土地、金、石油、トウモロコシ、他)の派生商品としてオプションが取引されています。

株取引や通貨取引(FX)をやられている方であれば、オプションを学ぶことで、リスクヘッジする術を習得できます。

より一般には、オプションを学ぶことで、金融派生商品(デリバティブ)についての知識を得ることができます。

また、オプション取引をより深く理解するためには、書籍等で学習した後に、実際に証券会社に口座を作りオプション取引することをお勧めします。

オプション初学者

オプション初学者であれば、以下の読み方が効率が良いでしょう。

  1. マンガ オプション売買入門の入門
  2. マンガ オプション売買入門の入門2
  3.  オプション売買学習ノート

マンガ」を読んで、オプションの用語や概念、戦略、などの概要を把握します。

この段階では、まだ知識がモヤモヤしているのではないでしょうか。

そして、「学習ノート」でオプション取引についての計算問題を学習します。

計算問題をこなすことで、オプション取引が明瞭に把握できるようになります。

「オプション売買学習ノート」をある程度読んだ後に、

他のオプション書籍を読むと戦略をより深く理解できるでしょう。

(注)計算問題といっても、使うのは四則演算のみです。

(注)難解な数学(ブラック・ショールズ方程式、など)は出て来ません。

オプション取引の書籍(Kindle Unlimited)

今回、Kindle Unlimited でオプション取引の書籍が非常に充実していたので、ご紹介します。

入 門 書

5103kd6bscl

応 用 書

実 践 書

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。