Kindle Unlimited:写真の構図4

写真を撮るとき、通常は、カメラを横に持って撮影します。

また、被写体によっては、カメラを縦に持って撮影します。

これは、カメラの構え方の基本ですが、応用としてカメラをナナメに持っての撮影があります。

本記事は、記事「Kindle Unlimited:写真の構図3」の続き記事になります。

 

 

写真の構図

Tab.1 は、Kindle Unlimitedで、写真の構図に関連する書籍・雑誌を探した結果です。

Tab.1 Kindle Unlimited:写真の構図

 

 

カメラの構え方

カメラを構える方法で、基本は「横」か「縦」です(注)

応用として、「ナナメ」があります。

また、ナナメにカメラを構えるのは、「横」から「ナナメ」にする方法と、「縦」から「ナナメ」にする方法があります。

  • 基本:横、縦
  • 応用:横ナナメ、縦ナナメ

(注)カメラの構え方「横方向・縦方向」については、記事「Kindle Unlimited:写真の構図3」をご参照ください。

 

 

 

ナナメ位置

Fig.1 は、カメラをナナメに構えたときの、カメラのファインダーです。

Fig.1 では、三分割構図(注)の補助線を表示しています。

Fig.1 三分割構図:ナナメ位置

 

カメラを右下ナナメにしています。

その場合、撮った写真は、逆に、右上ナナメになっていることが分かります。

  • カメラを右下ナナメ: 写真は右上ナナメ
  • カメラを右上ナナメ: 写真は右下ナナメ

 

(注)三分割構図

被写体の「位置」や、被写体の特徴的な「線」を、画面を縦横三分割する線に合わせる構図

 

 

ナナメ位置にする理由

カメラをわざわざナナメにするのは、完全に意図があるはずです。

 

  • なぜナナメ位置で撮影するのか

 

 

その意図(理由)は写真毎に異なり、一般論化するのは難しく、カメラマンのセンス(感覚)に依存するところが大きそうです。

  • 何枚も写真を撮り、自分なりに考察する必要があり

 

個々の写真に対し、プロカメラマンが、ナナメ位置の理由を解説しています【1】

横位置では状況報告的なありふれた写真が、ナナメ位置にすることで緊張感ある写真に変化しています。

 

 

 

写真素材

ナナメ位置の写真は、写真の意図が主張しすぎるので、写真素材には向いていないと考えられます。

  • 基本:横・縦位置 → 写真素材
  • 応用:ナナメ位置 → 芸術写真

 

 

 

RAW現像での対応

写真を「横・縦」位置で撮影し、RAW現像の段階で写真に「傾き」を付けることは可能です。

Fig.2 では、RAW現像ソフトの傾き補正機能を使い、傾きを増加させています。

Fig.2 RAW現像:傾き補正

 

しかし、この方法では、写真サイズが小さくなってしまいます(Fig.2 参照)。

また、Fig.2 では、入れたかった「青空」が少なくなっています。
元写真サイズが、3456×4608 px(1,593万px) の場合、

10° 傾けると2842×3790 px(1,077万px)、20° 傾けると2476×3302 px(818万px) になります。

 

RAW現像の段階で元写真を傾けると、写真サイズが以下の割合で小さくなります。

  • 10°傾ける: 68%
  • 20°傾ける: 51%

 

よって、写真サイズを小さくしないためには、撮影段階でナナメにカメラを構える必要があります。

  • 撮影のとき、カメラをナナメに構える

 

 

撮影方法

縦位置を横位置から90° ナナメにしたと考えると、以下の撮影方法で、カメラの構え方に関しては、ほぼ全角度での撮影となります。

  1. 「横位置」で撮影  → 写真素材用
  2. 「縦位置」で撮影  → 写真素材用
  3. 「横ナナメ」で撮影 → 芸術写真用
  4. 「縦ナナメ」で撮影 → 芸術写真用

 

 

【参考.1】デジタルカメラマガジン 2013年3月号

特集:ナナメの構図

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。