イス座禅をルーチンワークに

座禅は心をクリアにします。雑念に悩まされている人は、座禅を続けることで雑念を抑制する術を修得しましょう。

座禅は、それをルーチンワークとして、生活の一部に取り入れるのが理想的です。軽い「修行」、禅僧のような生活です。

まずは、簡単に始められるイス座禅から始めましょう。

心がクリアになる

心を音楽に例えると、目指すのは「雑音のないクリアなサウンド」です。

心の雑音である「雑念」を抑えることで、心の信号である「信念」が明瞭になります。

雑念が渦巻きながら襲来し、「妄想」になることもあります。

この状態では、雑音が主体となり、本来の音楽が搔き消されています。

もはや、音楽を鑑賞することは不可能です。

イス座禅

大まかな手順

(1) 静かな場所でイスに座り、タイマーをスタートさせます

(2) 最初に大きく深呼吸し、その後はゆっくり呼吸します

(3) 背筋を伸ばし姿勢を良くします。視線は下方斜め45度

(4) 座禅中は呼吸に集中し、それ以外は何も考えないようにします

(5) タイマーが鳴ったら終了です

何も考えない

座禅中は、何も考えないようにします。

頭の中で去来する様々な考えは、追いかけることなくやり過ごします。

去来する考え

  •  考えても無駄なこと:     過去の後悔、未来の心配、など
  •  考えなければいけないこと : 過去の反省、未来の計画、など

何も考えない状態を作ることで、心をリセットします。

やることはとても簡単そうです。

こんな簡単なことで、本当に雑念が抑制できるのでしょうか。

座禅は一見簡単そうに見えて奥が深い作業です。

言い換えると、「大まかな手順」の間に「細かな手順」が多々あります。

「手順」をより詳細化し、そして、洗練させると「作法」になります。

雑念を抑制するには、「座禅の作法」を学ぶ必要があります。

座禅の作法

曹洞宗HP

曹洞宗のHPで座禅の作法を詳しく解説しています。

イス座禅の作法の解説もあります。

座禅アプリ

タイマーの代わりに座禅アプリ「心の鏡」を使います。座禅中に体の揺れを感知し、警策(きょうさく)の音が響きます。座禅の終了を鐘の音が告げます。

座禅の理論

座禅には理論があります。

数学で証明されるような理論ではありませんが、人間の頭の仕組みにのっとった(法則)理論です。

その理論を学ぶことで、雑念がどこからやってくるのか、どうやって消し去るのかの方法が導かれます。

座禅の書籍

「禅マインド ビギナーズ・マインド」は、座禅の入門書です。

座禅の作法や理論について書かれています。

Kindle unlimitedで読めますが、繰り返し読むことになるので、購入をお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。