画素ピッチの計算

デジタルカメラには撮像素子が使われています。撮像素子は長方形で、大きさは縦3.6cm、横2.4cm程度です。

撮像素子

%e7%94%bb%e5%83%8f%e7%b4%a0%e5%ad%901

撮像素子の上には、多数のフォトダイオードが均等に配置されています(上図参照)。

(注)フォトダイオード: 光量を検知する極小な部品

撮像素子の総画素数は、撮像素子上のフォトダイオードの総数です。

  • 総画素数 = フォトダイオード総数

画素ピッチ

隣り合うフォトダイオード間の距離を画素ピッチとよびます。

画素ピッチは、撮像素子固有の値です。

ピントの合う奥行き(被写界深度)を計算する際などで、必要になります。

画素ピッチの計算

撮像素子の図(上図)から、以下の関係が分かります。

よって、以下となります。

ここで、撮像素子の横の長さをw、縦の長さをh としました。

画素ピッチの計算例

(1) Nikon D5500

  • 撮像素子:サイズは、23.5mm×15.6mm
  • 総画素数:2,478万画素

画素ピッチは、以下となります。

(2) Canon EOS 5D

  • 撮像素子:サイズは、36.0mm×24.0mm
  • 総画素数:3,040万画素

画素ピッチは、以下となります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。