OSS-DB Silver 暗記 B-2

運用管理(52%):::標準付属ツールの使い方【重要度:5】

 

1. pg_ctl

 

1.1 機能

  • 名前:由来 program_control → pg_ctl  ← 推測!
  • 管理ツール:PostgreSQLの
    •  起動start・停止stop・再起動restart
    •  設定ファイル再読込reload
    •  起動確認status
    •  DBC作成init[db]
pg_ctl PostgreSQL
Fig.1 pg_ctl

 

1.2 書式

  • pg_ctl  {start | stop | restart} 【オプション】
  • pg_ctl  {reload | status | init} 【オプション】
  • オプション:
    • -D, –pgdata=DBC: Directory
    • -t 最大待ち時間
    • -m {s[mart],f[ast],i[mmediate]}:shutdown mode

 

$ pg_ctl start

 

 

2. psql

  • 名前:由来は、PostgreSQLPSQLpsql ← 推測!
  • 機能:DB接続など
  • 書式:psql 【 オプション】【DB名】

 

2.1 一瞬DB接続し、すぐにpsqlを終了

  • オプション
    • -l、–list                     : DB一覧表示
    • -c、–command         : コマンド実行
    • -f、–file=ファイル名: バッチファイル実行

 

2.2 DB接続

  • オプション
    • ホスト名 :-h、-host
    • ポート番号:-p、-port
    • ユーザ名 :-U、-username

 

$ psql -U user1 db1
db1=>

 

2.3 メタコマンド

  • \q(\quit)                         : psql終了
  • \l(\list)                            : DB一覧表示
  • \password 【ユーザ名】    : パスワード変更
  • \d@:@∈{u,n,t,i,v,s,S,f,p}   : 各種情報の一覧表示
    • u:user                :DBユーザ
    • n:schema           :スキーマ
    • t:table                :テーブル
    • i:index                :インデックス
    • v:view                 :ビュー
    • s:sequence         :シーケンス
    • S:system catalog:システムカタログ

 

postgres=# \du;

Role name |              List of roles Attributes                      | Member of
----------+------------------------------------------------------------+-----------
postgres  | Superuser, Create role, Create DB, Replication, Bypass RLS | {}
user1     | Create role, Create DB                                     | {}
user2     |                                                            | {}

postgres=# ▯

 

3. DBユーザ

 

3.1 DBユーザ権限

  • superuser : スーパーユーザ権限
  • createrole : ユーザ作成権限
  • createdb   : DB作成権限
  • login         : ログイン権限

 

DB superuser PostgreSQL
Fig.2 DB superuser

 

3.2 createuser

  • 機能:DBユーザ作成
  • 書式:createuser 【オプション】【ユーザ名】
  • オプション:ユーザに関する各種情報を設定
    • password   : -P, –pwprompt
    • superuser   : -s, –superuser         :  -S, –no-superuser(default)
    • createrole  : -r, –createrole          :  -R, –no-createrole(default)
    • createdb    : -d, –createdb           :  -D, –no-createdb(default)
    • login          : -l, –login(default):  -L, –no-login

 

$ createuser -P -l user1

 

 

3.3 dropuser

  • コマンド:DBユーザ削除
  • 書式:dropuser 【-i】【ユーザ名】
    • interactive:-i, –interactive

 

$ dropuser -i user1
Are you sure? (y/n) y
$ ▯

 

3.4 createdb

  • コマンド:DB作成
  • 書式:createdb 【オプション】【データベース名】
  • オプション:ユーザに関する各種情報を設定
    • encoding :-E, –encoding=エンコーディング
    • locale       :-L, –locale=ロケール
    • owner      :-O, –owner=ユーザ名
    • template  :-T, –template=DB名

 

$ creatdb -U user1 -E EUC_JP -T template0 db1

 

 

createdb PostgreSQL
Fig.3 createdb

 

3.5 dropdb

  • コマンド:DBユーザ削除
  • 書式:dropuser 【-i】【データベース名】
    • interactive:-i, –interactive

 

$ dropdb -i db1
Are you sure? (y/n) y
$ ▯

 

参考

(1) IT資格といえばLPI-Japan | LinuC/OSS-DB/HTML5/ACCEL/OPCEL

(2) OSS教科書 OSS-DB Silver ver.2.0対応

(3) OSS-DB Silver 問題集 ver.2.0対応

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。